忍者ブログ   
admin
  気づけば、多犬種多頭家族♪ママとの の~んびり気ままな生活を更新中♪
                       
   
昨日、大雨警報の中

「老いと看取りのセミナー」に参加してきました!


看取り=最後への準備のような気がして、
なかなか参加しようという気にはなれず・・・

でも、「是非とも参加してみて!」と、勧められ

無料だし・・・とりあえず。という事で参加してきました。



結論として・・・


すご~~~く、タメになりました!





はじめに、

老いと共にかかりやすくなる病気の事。

安楽死せざるおえなくなる時もある事。

安楽死させてしまった場合、
一生、その十字架を飼い主さんが背負ってしまう事。


私自身、安楽死には反対です・・・が

そんな中、
安楽死に対して意見をのべたゴル君のママさんがいっらしゃいました。


末期のガン・・・だそうです。


今は、寝たきりになり、ご飯さえもうけつけず、
最期の刻を過ごしているそうです。。。


「生きているのが辛そうなんです。」

「でも、私がこの子と離れられなくて・・・」 


私の中で、ゴル君とシェリルがリンクして・・・目頭が熱くなりました。


先代シェリルもガンでした・・・。

肝臓ガンから肺に転移。。。


呼吸するのもままならないようになるかもしれないと言われていましたが、

シェリルは、寝たきりの期間も少なく最期は眠るように旅立ちました。


もし・・・あのとき、

呼吸困難になっていたら・・・私は、どんな決断をしたのだろう・・・。



 

今回の先生の言葉を覚えている範囲で書かせていただきます。

 動物は自ら命を絶つという事はしません。
 死んでしまえば、この辛さから開放されるなんて思ってはいないでしょう。
 病院にやってくる重症の子もみんな必死で生きようとしています。
 でも、解決できない苦しみが、生きている喜びを上回ってしまった場合、
 安楽死も選択肢の一つだと思っています。
 ただ、苦しみを克服できる場合でも、飼い主さんや獣医師が諦めてしまえば
 そこで終わってしまいます。
 獣医師として、飼い主さんの心に寄り添いながら、
 頑張り時と見送り時をご提案できればと日々思っています。


安楽死を認めた訳ではありませんが、
安楽死への受け止め方が、私の中で少し変わったような気がします。





次に、介護の話が専門の講師からありました。


ボディチェック・行動・排泄物の変化など
老化のサインに早く気づいて、寝たきりにさせない事。

筋力・刺激・7歳からのご飯は「量」より「質」
快適な住まいづくり・ボディケアの大切さ。

歩行・排泄・食事・入浴・床ずれの介護。

ボケた時のお世話。





介護のコツは、

声かけと、

頑張り過ぎない、

完璧な介護よりオーダーメイド介護だそうですemoji


そのほかにも、

アロママッサージ・オイルマッサージ・温パック・「の」の字マッサージ
などの講習も行ないました。



しぶしぶ参加したセミナーでしたが、
参加して本当に良かったと思った1日でした。






 

拍手

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
先代のシェリルちゃんを亡くしたままさんや
安楽死に対して意見をのべたゴル君のママさん
どんな気持ちでいたんだろうと思うと
ちょみっとウルウルしちゃいました
でも素敵なセミナーだったようで
きっと視野も広がったんでしょうね
ままさん今度ままさんが私達にセミナー開いてくださいな

ぽち
りーたんママ URL 2011/07/05(Tue)16:39:49 コメントの編集
     
      
りーたんママさま
涙ながらに、話されてたママさんの心中を考えると…。
なんて、言葉をかけていいのかわかりませんでした。。。
今回参加された理由も、少しでもゴル君が、穏やかに時間を過ごせるように、と、参加されたそうです。
私にとっても、考えさせられる日になりました。が、
知識として、頭に入れる事が出来ました!
【2011/07/06 16:54】
              
 
無題
看取る、見送るために心の準備は必要ですよね。
でも私は安楽死には違和感がぬぐえないかな。
犬は自ら命を絶つことはしないから、どんな苦しくてもその苦しみに寄り添う私でありたいと思います。先代がそうであったように…一生十字架を背負って生きることは悲しくて耐えられない気もします。考えさせられるテーマですよね。ポチ☆
ゆきジャズハーティママ URL 2011/07/05(Tue)17:57:26 コメントの編集
     
      
ゆきジャズハーティママさま
いつの日にか訪れる事なのですが、
その日がずっと先であるようにと…その日が来てもどうか穏やかでありますようにと…
こころから願っています!
ほんと、考えさせられるテーマですよね。
私も、安楽死は絶対にやってはいけないって思ってますが、
ゴル君ママさんのお話しを聞いて、少しだけ見方が変わりました。

ぽち★ありがとうございます!
【2011/07/06 17:08】
              
 
シェリルママさんへ
セミナー参加お疲れ様でした。

内容を公開していただいて、大変勉強に
なりました。

①動物は自ら、命を絶つことはない。

②完璧な介護はオーダーメイド介護です。

この二つ参考にさせていただきます。

話は変わりますが、シェリルママさんのブログ
事後報告ながらリンクはらせていただきました。
よろしくお願いします。  ポチッ
里山コウ URL 2011/07/05(Tue)18:40:42 コメントの編集
     
      
里山コウさま
しぶしぶ参加したセミナーでしたが、いろいろ学ぶことが多かったです(^-^)
参考になれば、嬉しいです!

私も、リンクさせて頂けいてもいいですかo(^▽^)o

ぽち★ありがとうございます!
【2011/07/06 20:12】
              
 
☆こんばんは☆
安楽死の所で涙が止まらず、うまくコメント書けません。すみません・・・
ポチです
E.T. URL 2011/07/05(Tue)20:29:14 コメントの編集
     
      
E.Tさま
悲しい思いにさせてしまいましたね(´・_・`)
ごめんね。。。
難しいテーマですよね。

ぽち★ありがとうございます!
【2011/07/06 20:21】
              
 
無題
良いセミナーに参加されましたね。

かかりつけの動物病院の主催ですか?

れお君宅も参加してみたいです。

昨日は雷がすごかったですね。
れお君は昼過ぎからズートとママにへばりついていたそうです。

たけちゃんマン URL 2011/07/05(Tue)20:48:35 コメントの編集
     
      
たけちゃんマンさま
はい、知識になる経験をさせて頂きました(^-^)
考えさせられた1日になりました!
はい、そうなんですよ!

我が家のシャロンも、雷に大騒ぎだっんですよf^_^;)
【2011/07/06 20:26】
              
 
無題
ためになるセミナーだったね。
すごーく考えさされるテーマ・・・

一緒にいる限り考えないではいられない。

いざとなると、なかなか冷静には受け止められない現実。

精一杯精一杯愛してあげたい。
一緒にいられてよかったって思ってほしいよね。
だって、この子達にこ~んなにいっぱい
幸せもらってるんだもの。ね!

ぽちしたよ☆
こもく母 URL 2011/07/05(Tue)21:47:48 コメントの編集
     
      
こもく母さま
考えさせられる事が多かったけど、とっても、タメになったよ!

正直、考えたくない事だけど
ちゃんと考えなくちゃあいけないんだよね。
現実から、目をそらしちゃあいけないんだよね。
愛するわが子だから、しっかり考えておかないとね!

ぽち★ありがとうございます!
&ご指摘ありがとう〜(笑)
【2011/07/09 23:09】
              
 
無題
タイトルを見た時はドキッとしました。
でも避けては通れない道ですよね。
私は今でも考えるだけで泣いてしまいます。
いつか来るこの日の事は絶対に見てみぬ振りは出来ないのに。。。
ママさんのブログを見て色々考えさせられました。

ぽち☆
ごん太 URL 2011/07/05(Tue)21:58:56 コメントの編集
     
      
ごん太さま
いつか来る事だとわかっていても、その日がずっと先でありますようにと、常に頭の中にあります。
後悔しない為にも、これからも学んでいこうと思います!

ぽち★ありがとうございます!
【2011/07/06 20:54】
              
 
無題
わんこを飼う者として、永遠のテーマ・・だと思います。
こういうセミナーがこちらでもあればいいのに~。
介護については、庭のリフォームをふくめ、
今から計画しています。(早すぎかな?
ふりこ URL 2011/07/05(Tue)22:20:01 コメントの編集
     
      
ふりこさま
本当に、考えさせられるできる限テーマであり、永遠のテーマですよね。
介護の為の事リフォームですか!
さすがです(o^^o)
【2011/07/06 20:59】
              
 
無題
すごく考えさせられるタイトルですね。
色んな意見や想いがあるでしょうけど
私はやはり安楽死に対して共に最後まで
一緒に頑張りたいと思ってしまいます。
初代犬が頑張った日々と重なってしまいました^^;

ポチっと!
しー坊 URL 2011/07/05(Tue)22:28:34 コメントの編集
     
      
しー坊さま
わたしも、先代と頑張りながらも楽しかった介護を思いだしました。
ゴル君ママさんの言葉の中に、
わが子を殺すんだもの、保健所の安楽死と変わりない。と、
安楽死を選んでしまうかもしれないご自分をまるで犯罪者のように、責めていらっしゃいました。

この言葉に、私は何も言えませんでした。。。

本当に…。
考えさせられるテーマですよね。

ぽち★ありがとうございます!
【2011/07/06 21:16】
              
 
無題
う~ん、↑一部を読ませてもらっただけでも
考えさせられて、、とても為になりました。
安楽死って永遠のテーマですよね。
でも、ワタシもシェルリままさんと同じ~
安楽死は反対です。
ただ、私も安楽死と向かい合わせになったことがあって。。。
結局、苦渋の決断で選んだんですけど
まさに、この先生がおっしゃったことと同じで。
生きる喜びを苦しみが上回ってしまった。。。
やっぱり、肺の病気でした。
でも、できることなら自然死を望みますよね。。
でも、場合によっては(ほんとに場合によるけれど)
安楽死も飼い主さんが最期にできることの
ひとつなのかな、とも思ったり。うーん複雑です~
きなこ URL 2011/07/05(Tue)23:38:26 コメントの編集
     
      
きなこさま
本当に、難しいテーマであり、考えさせられるテーマですよね。
私自身、安楽死に絶対反対でした。が、
今回、ゴル君ママさんの話しを聞いて、0ではないのだという事や苦渋の決断をしなくてはいけない家族の心中を知る事ができました・・・。
【2011/07/07 19:30】
              
 
無題
いつかは迎えなければならないと
分かってはいても、気持ちの整理が
つかないです。。。

でも、情報として知っておく事は
とても大切ですね!
判断を誤らないように
そして、後悔をしないように
私も勉強します。
バニパパ URL 2011/07/06(Wed)07:54:18 コメントの編集
     
      
バニパパさま
私も、
本当に、いつかは来る事だとわかってはいましたが
今だに、整理がつかずにいます・・・。
これからも、判断を誤らないように、学んでいきたいと思っています!
【2011/07/07 21:54】
              
 
無題
とても考えさせられました。
私も今は安楽死は絶対に考えられない派ですが、
実際、そのような状況に置かれてみたら、果たしてどうなってしまうかは想像もつきません。
我が子の苦しむ姿だけは見たくないってのが飼い主みんなの共通の願いだけど、なかなか奥が深い難しい問題ですよね。
アロママッサージ、オイルマッサージは良かったですか?
私もつい先日、近所で「愛犬アロママッサージ講座」を見付けて、すごく参加したいなぁって思ってたとこなんです
ぽち
いーたん URL 2011/07/06(Wed)10:06:21 コメントの編集
     
      
いーたんさま
考えさせられるテーマですよね。
私も安楽死は絶対に考えられませんでした。
今回、ゴル君ママさんの話しを聞いて、安楽死も0ではないという事や苦渋の決断をしなくてはいけない家族の心中を知る事ができました。

アロママッサージ、オイルマッサージ、良かったですよ(o^^o)
アロママッサージは、先代ちゃんにもやってはいましたが、今回もっと詳しく教えていただきました(^-^)
家に帰って、早速試してみました(*^o^*)大好評でしたよ♫

ぽち★ありがとうございます!
【2011/07/07 22:10】
              
 
無題
初めまして。
よく読み逃げをさせて頂いていたのですが今回のタイトルに思わず書き込みさせて頂きます。

私も安楽死なんて絶対にない!諦めるもんか!って派でした。
でも1ヶ月ちょっと前、大切なブロ友さんちのゴル君が17歳で旅立ちました。
寸前まで、安楽死なんて…と思ってました。
でも痛みに苦しみ夜通し泣いていたそうです…
獣医にも行けずただただ見守るしか出来ない…

その事をきっかけに「安楽死は絶対にない」と言わないことにしました。
安楽死が苦しめないなら…ゼロではないと…
なるべくしたくはないのは本音ですが…

こんなコメントがきっかけになりましたがいつも愛あふれる記事、とっても素敵なママさんだな~と読ませて頂いておりました!
よかったら仲良くして下さい!!

ポチ
のんのん URL 2011/07/06(Wed)11:07:30 コメントの編集
     
      
のんのんさま
初めまして!
訪問&コメント、ありがとうございますm(_ _)m
遊びにきて頂いてたんですね、嬉しいです!

私も安楽死なんて絶対にない!って、思っていました。
今回、安楽死という苦渋の決断をしなくてはいけない家族の心中を知る事ができました。
今も、安楽死を認めた訳ではありませんが、
絶対にないなんて、言えませんね…。
痛みや苦しみを変わってあげれるものなら…
ただ見守るしか出来ないなんて、辛いですよね…

ありがとうございます!
そう言っていただき、嬉しいです(^-^)
こちらこそ、これからも仲良くしてくださいねm(_ _)m

ぽち★ありがとうございます!
【2011/07/07 22:41】
            
           
  
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
犬ブログ
コメントについて
コメントをいただいた皆様、
しばらくの間、コメントの返信ができません。
ほんとに、本当にごめんなさい。
皆様のコメントに、たくさんの温かい気持ちをいっぱいいただき、励まされる毎日です。
コメントの返信は、ブログの訪問にて皆様の笑顔の力をいただきにお邪魔させていただけたらと思っています。
ブログを開設されていない方には、その都度お返事させていただきたいと思っております。
プロフィール
HN:
シェリルまま

Sheril♡シェリル(女の子)
Golden Retriever
1995/1/25~2007/4/10
Runa♡ルナ(女の子)
Golden Retriever
2000/12/07~2013/11/2
Syaron♡シャロン(女の子)
Golden Retriever
2002/08/10~2017/5/28
Merissa♡メリッサ(女の子)
Labrador Retriever
2005/09/28
Shera♡シェラ(女の子)
Golden Retriever
2007/03/29
Hibari♡雲雀(男の子)
Dwarf Rabbit
2007/9/14~2014/9/28
Shiel♡シエル(女の子)
miniature-dachshund
2009/05/12~2013/10/7
Will♡ウィル(女の子)
mix
推定2011/06/25
Luke♡ルーク(男の子)
English Setter
2013/12/10
Louis♡ルイ(男の子)
miniature-dachshund
2014/8/14
Shall♡シャル(女の子)
Golden Retriever
2017/5/20
ブログ内検索
最新コメント
[06/16 ケイティまま]
[06/03 ラピスまま]
[05/29 ごん太]
[05/27 ラピスまま]
[05/24 りんご ]
WAN友さん
白黒ニャンコ!
おばかなりーたん+怪獣。
ごん太の元気印☆
Come・かむ・ケイティ♪
ラピスと・・・
こもくちゃんは女の子♪
りんごと犬のブログ
Ruby&Mary まったり雑記帳
むーちゃんの思い出いっぱい
明日は晴天なり
シルクのほのぼのライフ
犬と共に生きる~ガンと向き合うということ~
Event of every
Event of every 2
Runの足跡
Runの足跡 vol.2
くまの足跡。
トビーのおうち
腸閉塞の食事って大変。
ゴールデン・ホワイト劇場
ケーン!おまえはもうデブ犬?
一緒に遊ぼ♪
ハナとマルとハルのはなまる日記
Monstar Peace
我が家のエリー
Shelly & Raices
"モモゴン"と一緒♪
☆ ララの日々 ☆
はっちの奮闘記
メロメロ☆まろんU^エ^U
マルちゃまん
バニラさんのこと♪
ロロっすロイス☆
ボクは宝もの
わん・わん・わんこ+わん!
ゆきジャズハーティーワンダーランド
大河と共にのんびりと
ゴン太通信
ただいま・・・見習い中!?
僕、セナです。
Let's ゴールデン
[白熊本舗]の看板犬ブンタ
2WAN☆DACHSHUND☆
ひだまりの犬
毎日が楽しいねっ☆
わんこでゴー! 「ケリーのお部屋」
れお君と庭の花~fromたけちゃんマン
THE 桃 ~愉快な仲間達~
いーたん、大好きだよ!
犬と猫と里山生活
チビパグうめの梅日和
バニラの4コマ劇場
ゴールデンレトリバー・ムスカは最高のパートナー
保護犬シスターズ☆
里親募集中
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) ぉきらくレトの ωan Life U・ω・U ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++