忍者ブログ   
admin
  気づけば、多犬種多頭家族♪ママとの の~んびり気ままな生活を更新中♪
                       
   
シェラが入院してからの事を記録としておきたいと思います。
苦手な方は、スルーにてお願いしますm(_ _)m

4月23日
40度超す高熱で緊急入院
最優先は、熱を下げること…
一時は、41度を超え危険な状態でした…。

上がったり下がったりの高熱に、予断を許さない状態でした。

4月24日
熱はまだ不安定なものの…39度台になる事もあり、
レントゲン検査結果…誤嚥性肺炎の悪化が原因でした。

シェラが、少しでも楽になるようにと…
1週間、集中治療をする事になりました。

4月30日
白く写し出された肺を少しでも回復できるようにと、先生が手を施して下さいましたが…
ほんの少し、改善されたものの…

これ以上は、回復の見込みはないと診断され
この時、シェラに残された時間はないと聞かされました…。

今日かもしれないし、明日かもしれない…。

最後は…苦しむ事になる、楽にさせてあげると言う選択肢もあると言うこと。

もし、その時が自宅で起こった場合…病院にたどり着く前に…と言う事もあり得るという事。

たどり着いたとしても、管で繋がれて…最期の瞬間を待つだけになるという事…。





家で看取る決意について…改めて、現実を目の当たりにしました。


5月1日
お水も飲んでくれず、
ご飯も食べてくれない…。

それでも、少しずつ食べてくれる分だけ、回数を重ねてあげ続けました

もう立ち上がることが出来ないから…
胃の中に流し込めるように、すのこを斜めに傾けて…。





5月2日
水分を補給しない為…尿の色が変わってきてました。

脱水症状…です。

水分だけでもと、ペットスエットを口に含ませ
時間をかけて、時間を開けながら
1日の飲水量を目指して与えるようにしました。





5月3日
食欲が戻ってきて、食べてくれた!

でも、一度には与えず
1日に7〜10回にわけて
お水も飲んでくれるようになり、脱水症状も改善されてきました。





この日で、お薬がきれるので病院にお薬を取りに行き、先生の状況報告。
いつまで薬を出すべきなのか…悩んでいたみたい。





5月4日
食欲もあって、少しずつだけど食べてくれた!

大きな体を維持するには、全然足りないけど
食べる力がある事が嬉しかった!


 


5月5日~7日





酸素室から出たがり、這って出て来るようになり





呼吸も安定しています。





苦しい時用に酸素マスクに切り替え、酸素室を取り外すと
穏やかな顔して眠り出した。





この3日間は、
もしかしたら・・・このまま穏やかな時間が続くのではないだろうか。と、
思うほど温かくやさしい時間でした。



5月8日
A.M2:00 嘔吐!
呼吸の荒さはなく、その後は安定し

ご飯も食べてくれました。





5月9日 
嘔吐が…続き、
食べるのを嫌がるようになった。

夕方、ゴボゴボと音を立てながら…苦しそうな様子に
口の中を見ると、喉の辺りに粘液性の嘔吐物…!

体を逆さにし、口の中から出させた。(先生から聞いていた応急処置)

その後…嘔吐物の中に、緑色の液を発見…胆汁かもしれない…。

その後、落ち着いたものの
寝にくそうに、何度も寝返りをうっていて
苦しそうなときの場合にと処方されていた座薬をいれると、
少しして楽そうになり、少し眠りだしました。

PM9:00
嘔吐の気配もないまま…口からよだれのように嘔吐しだした…。

PM10:00
呼吸が、驚くほどゆっくりになってきた。
その様子は、
元気だったあの頃と同じように見えるほどで…だからこそ、逆に不安だった…。

PM11:30
口呼吸をし出した…

PM11:40
瞳から光が消えてきて…
呼吸はゆっくりしてるものの、、、顔の硬直が感じられた…!


穏やかな時間をくれた事、いっぱい頑張ってくれた事、
12年間たくさんの幸せと笑顔をくれた事…

私の娘になってくれた事…

「ありがとう!」「大好きだよ!シェラ!」

何度も何度も伝え続け…

PM11:50
静かに…呼吸を止めていきました…。


本当は、何度も何度も…おいていかないで!と
心の中で叫び続けてました…
でも、
こんなにも頑張ってくれたシェラに、口にする事は出来ませんでした。


シェラが、少しでも苦しくないように、
楽であるようにと試行錯誤の10日間でした。

一喜一憂の毎日でしたが、
本当に穏やかな温かい大切な時間であり、
シェラにしてあげられる事があるという事が、私たち家族の支えであり、希望でした。





今、ここで考えても仕方がないとわかってはいても
もっとやってあげられる事があったはず…と、つい考えてしまいます。





最後の瞬間、本当にあれで良かったのかと
何度も何度も思い出そうとするのですが
思い出そうとするたびに…胸が苦しくなり、何も考えられなくて

そんな自分が、無性に情けなくて
頑張ったシェラに対して恥ずかしい。





でも、シェラにはもう少しだけ大目に見てもらおうと思いますemoji





送り出すたびに思います!

こんなにも愛おしいと想える子に出会えることができて、本当に幸せだとemoji



シェラ、大好きだよemoji








拍手

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
ほんとに 何度見送っても あのときもっと・・とか
考えてしまいますよね。。
そして 送り出すたびに 最高の子って思います・・ね。。



 りんご 2019/06/22(Sat)17:33:19 コメントの編集
     
              
 
無題
シェラちゃんがおうちで過ごした時間は
最後の最高の贈り物でしたね。
ちゃんとおうちで、ママに見守られて
とても親孝行でした。
どんなにお世話をしても、後悔はあるものです。それは仕方のないこと。
何より、犬生をまっとうして、最後に看取れたことはシェラちゃんにとって一番の幸せなことです。
そうは言っても、どうしてもシェラちゃんとラピを重ねてしまいます。
なかなか冷静にはなれないのが現実ですが…。
ラピスまま 2019/06/22(Sat)21:02:38 コメントの編集
     
              
 
無題
シェラちゃん、頑張ったね~
今は安らかに眠っているね。
sumire024 URL 2019/06/23(Sun)20:41:56 コメントの編集
     
              
 
無題
最期の瞬間までシェリルままやおねえちゃんたちに
いっぱい愛をもらってシェラちゃんは幸せだったと思います。
思い出すのもとてもおつらいのに、ブログで残して
くださって、ありがとうございます。
その時を思うと涙がこぼれてしかたありません。
シェリル家のしっぽのある子達はとても幸せだと
思います。大切にたいせつに育てられて・・・
シェリルままに笑顔が戻ってくるのをお空から
シェラちゃんたちが待ち望んでいますよ。
ケイティまま 2019/06/24(Mon)00:52:41 コメントの編集
     
              
 
無題
ごめんなさい・・・
涙がとまりませんでした
こんなにも愛されていたシェラちゃんがいなくなって
ママさんの事を考えると
こんなふたりを引き離すって、本当に残酷です。
ママさん、ご自愛くださいね。
シェラちゃん、幸せな犬生だったと思います!
ミキ 2019/06/24(Mon)12:11:47 コメントの編集
     
              
 
無題
私もいまだに自責の念にとらわれています。
えりまま 2019/06/26(Wed)09:57:52 コメントの編集
     
              
 
無題
ごん太と同じ病気だったシェラちゃん・・・
シェラちゃんがどんなに頑張っていたか
ママさん達がどんな思いでシェラちゃんを看ていたかわかるだけに胸が張り裂ける思いでした。
私も今でも後悔ばかりです。
きっとどんなにしてあげてても後悔してしまうんでしょうね。

シェラちゃんの笑顔を見ていつも思います。
シェリル家の子供になれて幸せだったんだなぁって。
ママ!ありがとう。大好きだよ!って言ってると思います。
ごん太 2019/06/26(Wed)10:37:26 コメントの編集
     
              
 
無題
今日読ませていただきました。

ママさんの懸命な介護の様子が手に取るように感じられました。そして3年前同じ病で見送ったトワを思い出して涙が止まらませんでした。

巨大食道症になると自分の力では生命を維持できません。治療方がないので優秀な獣医さんの力も及びません。

ママさんの懸命な介護があったからこそシェラちゃんはここまで頑張れってくれました。シェラちゃんもシェリルままさんも立派でした。

しばらく時間がかかると思いますが、シェラちゃんの可愛い笑顔だけを思い出せる時がきます。
それまでどうぞご自愛ください。





よっしー URL 2019/06/29(Sat)15:30:03 コメントの編集
     
            
           
  
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
犬ブログ
コメントについて
コメントをいただいた皆様、
しばらくの間、コメントの返信ができません。
ほんとに、本当にごめんなさい。
皆様のコメントに、たくさんの温かい気持ちをいっぱいいただき、励まされる毎日です。
コメントの返信は、ブログの訪問にて皆様の笑顔の力をいただきにお邪魔させていただけたらと思っています。
ブログを開設されていない方には、その都度お返事させていただきたいと思っております。
クンカブル
犬が主役のSNSです。メリッサファミリーで登録中♥
プロフィール
HN:
シェリルまま

Sheril♡シェリル(女の子)
Golden Retriever
1995/1/25~2007/4/10
Runa♡ルナ(女の子)
Golden Retriever
2000/12/07~2013/11/2
Syaron♡シャロン(女の子)
Golden Retriever
2002/08/10~2017/5/28
Merissa♡メリッサ(女の子)
Labrador Retriever
2005/09/28
Shera♡シェラ(女の子)
Golden Retriever
2007/03/29~2019/5/9
Hibari♡雲雀(男の子)
Dwarf Rabbit
2007/9/14~2014/9/28
Shiel♡シエル(女の子)
miniature-dachshund
2009/05/12~2013/10/7
Will♡ウィル(女の子)
mix
推定2011/06/25
Luke♡ルーク(男の子)
English Setter
2013/12/10
Louis♡ルイ(男の子)
miniature-dachshund
2014/8/14
Shall♡シャル(女の子)
Golden Retriever
2017/5/20
ブログ内検索
最新コメント
[06/29 よっしー]
[06/26 ごん太]
[06/26 えりまま]
[06/24 ミキ]
[06/24 ケイティまま]
WAN友さん
白黒ニャンコ!
おばかなりーたん+怪獣。
ごん太の元気印☆
ラピスと・・・
Come・かむ・ケイティ♪
Towa & Meg's sanpo diary
こもくちゃんは女の子♪
りんごと犬のブログ
Ruby&Mary まったり雑記帳
むーちゃんの思い出いっぱい
明日は晴天なり
シルクのほのぼのライフ
犬と共に生きる~ガンと向き合うということ~
Event of every
Event of every 2
Runの足跡
Runの足跡 vol.2
くまの足跡。
トビーのおうち
腸閉塞の食事って大変。
ゴールデン・ホワイト劇場
ケーン!おまえはもうデブ犬?
一緒に遊ぼ♪
ハナとマルとハルのはなまる日記
Monstar Peace
我が家のエリー
Shelly & Raices
"モモゴン"と一緒♪
☆ ララの日々 ☆
はっちの奮闘記
メロメロ☆まろんU^エ^U
マルちゃまん
バニラさんのこと♪
ロロっすロイス☆
ボクは宝もの
わん・わん・わんこ+わん!
ゆきジャズハーティーワンダーランド
大河と共にのんびりと
ゴン太通信
ただいま・・・見習い中!?
僕、セナです。
Let's ゴールデン
[白熊本舗]の看板犬ブンタ
2WAN☆DACHSHUND☆
ひだまりの犬
毎日が楽しいねっ☆
わんこでゴー! 「ケリーのお部屋」
れお君と庭の花~fromたけちゃんマン
THE 桃 ~愉快な仲間達~
いーたん、大好きだよ!
犬と猫と里山生活
チビパグうめの梅日和
ゴールデンレトリバー・ムスカは最高のパートナー
保護犬シスターズ☆
里親募集中
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) ぉきらくレトの ωan Life U・ω・U ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++