忍者ブログ
気づけば、多犬種多頭家族♪ママとの の~んびり気ままな生活を更新中♪
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
犬ブログ
コメントについて
コメントをいただいた皆様、
しばらくの間、コメントの返信ができません。
ほんとに、本当にごめんなさい。
皆様のコメントに、たくさんの温かい気持ちをいっぱいいただき、励まされる毎日です。
コメントの返信は、ブログの訪問にて皆様の笑顔の力をいただきにお邪魔させていただけたらと思っています。
ブログを開設されていない方には、その都度お返事させていただきたいと思っております。
プロフィール
HN:
シェリルまま

Sheril♡シェリル(女の子)
Golden Retriever
1995/1/25~2007/4/10
Runa♡ルナ(女の子)
Golden Retriever
2000/12/07~2013/11/2
Syaron♡シャロン(女の子)
Golden Retriever
2002/08/10~2017/5/28
Merissa♡メリッサ(女の子)
Labrador Retriever
2005/09/28
Shera♡シェラ(女の子)
Golden Retriever
2007/03/29
Hibari♡雲雀(男の子)
Dwarf Rabbit
2007/9/14~2014/9/28
Shiel♡シエル(女の子)
miniature-dachshund
2009/05/12~2013/10/7
Will♡ウィル(女の子)
mix
推定2011/06/25
Luke♡ルーク(男の子)
English Setter
2013/12/10
Louis♡ルイ(男の子)
miniature-dachshund
2014/8/14
Shall♡シャル(女の子)
Golden Retriever
2017/5/20
ブログ内検索
最新コメント
[12/16 ラピスまま]
[12/15 ケイティまま]
[12/15 しー坊]
[12/10 ラピスまま]
[12/08 ごん太]
WAN友さん
白黒ニャンコ!
トビーのおうち
犬と共に生きる~ガンと向き合うということ~
おばかなりーたん+怪獣。
むーちゃんの思い出いっぱい
明日は晴天なり
ハナとマルとハルのはなまる日記
Monstar Peace
腸閉塞の食事って大変。
ゴールデン・ホワイト劇場
こもくちゃんは女の子♪
ゆきジャズハーティーワンダーランド
ごん太の元気印☆
ケーン!おまえはもうデブ犬?
一緒に遊ぼ♪
シルクのほのぼのライフ
Runの足跡
Runの足跡 vol.2
くまの足跡。
ボクは宝もの
Event of every
Event of every 2
Come・かむ・ケイティ♪
わん・わん・わんこ+わん!
大河と共にのんびりと
ゴン太通信
Ruby&Mary まったり雑記帳
我が家のエリー
ただいま・・・見習い中!?
僕、セナです。
Let's ゴールデン
[白熊本舗]の看板犬ブンタ
2WAN☆DACHSHUND☆
ひだまりの犬
毎日が楽しいねっ☆
わんこでゴー! 「ケリーのお部屋」
れお君と庭の花~fromたけちゃんマン
THE 桃 ~愉快な仲間達~
いーたん、大好きだよ!
ラピスと・・・
犬と猫と里山生活
Shelly & Raices
バニラの4コマ劇場
ゴールデンレトリバー・ムスカは最高のパートナー
チビパグうめの梅日和
"モモゴン"と一緒♪
☆ ララの日々 ☆
はっちの奮闘記
メロメロ☆まろんU^エ^U
マルちゃまん
バニラさんのこと♪
ロロっすロイス☆
りんごと犬のブログ
保護犬シスターズ☆
里親募集中
2011/04/09 (Sat)
昨日のつづきになるのですが。。。





シェラとシエルの予防接種は、

この3月から、こちらで働くことになった
先生が担当してくれました。





初めての先生に、

シェラは落ち着きもなく何度も嫌がり
台の上から降りようとしました。


こんな事は初めてです!


もしかして、この事がわかてったからあんなに震えたのかも。


でも、嫌がるシェラを見て不安が横切りました。





先代シェリルの足に腫れ物が出来たとき

何度も腫瘍の検査をお願いしましたが、

結局、見つけることが出来ず腫れ物は、
治る様子は見られませんでした。

「なおりますか?」と、何度も何度も何度も訪ねました。

「時間はかかるけどね。」と。。。

そのうち、

治療の途中から、新米の勤務医の方に担当をまかせ、

嫌がるシェリルをみんなで押さえつけ、
治療した時の様子が・・・蘇ってきました!

不信感をいだいた私は、今の病院の先生に話し
こちらで、再検査していただく事になりました。


そして、


ガン細胞が見つかったのです。





どんなに優秀な病院でも

実際、前にお世話になってた病院も
優秀で人気がある病院でした。

でも、どの病院でも、

得手、不得手があるはず!


医師を育てるためには、実践は必要なことだと思いますが・・・





愛するわが子・・・家族の命を

どんな簡単な病気でも、

新米医師一人に託すことなどどうしても納得できずに・・・。


そのことが、

忘れられず私の中でトラウマになってしまっていました。


あ~この病院も・・・と、思い始めてたところに

先生がやってきて

シェラも落ち着きました。


先生、別室で見てらしてくれてたようです。

私も・・・シェラと同様ホッ!と、しました!





ここの病院では、難しいことは難しい!と

専門病院をすぐに手配してくださいます。


決して、100%信頼しているわけではありませんが

専門用語ではなく、私達にわかりやすい言葉で
時間をかけてでも、納得するまで話してくださいます。

もっと、早く決断していれば・・・

もっと、もっと、

シェリルと一緒の時間が過ごせたのではないかと

考えてしまいます。



シェリルがなくなった4月

病院の先生ら1通の手紙が届きました。


685833d4.png


この手紙に、どれだけ気持ちを救われたことか・・・

今でも大切にとってあります。


そして・・・

シェリルがなくなった3年もの間。。。


前の病院から、予防接種の案内が届いてました。。。

その度に悔しさが蘇ると共に

自分の判断の甘さを痛感するのです・・・。









拍手

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
pass:
emoji: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
comment:
無題
先生との信頼関係はとっても難しい問題ですね。
どんなに名医といわれている先生でも
愛情がなければたぶん、ママさんが感じられたことを私も感じると思います。

最後になってしまったけれど、いい先生についていただけたころはシェリルちゃんにとっても
幸せなことだったかと思います。
そうなんですよね、こうやってお手紙をいただくだけでも
私達、ずいぶん救われますよね。
動物達に愛情が注げる先生に診てもらいたいです。

ママさんちのみんなはママさん始めご家族のみんなから愛情を
たっぷりもらってるからどの子も優しい顔をしてますよ。メリッサちゃんだって、誤解する人間の方が悪いです。
ケイティのママ URL 2011/04/09(Sat)21:14:21 編集
ケイティのママさま
本当に難しい問題ですよね。。。
できる事なら、
病気だけを見るのではなく、
シェリル自身を見ていただきたかったです。
今の病院は、前の病院ほど人気もなく、治療が難しいと判断した場合は専門医を紹介するということもあり、「治せないの?」と一部藪医者扱いする人もいます。
セカンドオピニオンの大切さを理解していないのでしょう。
「余命数日」と宣告された最後の通院となった日、
先生や看護師さん一同で、シェリルを見送っていただきました。
それからも何度となく電話が先生からありました。
悩んだことは、すぐに聞ける。そんな場所を提供していただけました。
本当に感謝しています。

ありがとうございます。
いろんな事情を抱えてる子達の気持ちを
一人でも理解してくださる人がいるのは、本当に心強いです(*^-^*)
【2011/04/10 12:06 /シェリルまま 】
無題
ショコラの顔が腫れた時、
掛かり付けの病院、信頼はしていますが安心のためセカンドオピニオンをしました。
少し遠い病院でしたが、診察結果は同じでした。
これによって少し安心出来ました。
出来る事は何でもしてあげたい。
そう思うのは、親心ですよね。

二週間くらいして、ショコラの顔の腫れも引いた頃、
〇〇病院です。ショコラちゃんその後どうですか?
との電話、これは嬉しかったです。

しゃべる事が出来ない動物を診るのですから、
大変だとは思いますが、それにも増して飼い主に安心を与える事も忘れて欲しくありません。

*。
ゴン太0135 URL 2011/04/09(Sat)21:22:48 編集
ゴン太0135さま
セカンドオピニオン、本当に必要なことだと思います。
原因がわからなければ、なおさら。
診察結果が同じなら、少しは安心できますもんね。
その後のケアをしてくださる病院って
本当に嬉しいんですよね。。。
話すことができないからこそ、痛みを我慢する子だからこそ、
病気だけではなく、その子自身を診てほしいですよね。

ぽちっ★ありがとうございます!
【2011/04/10 12:11 /シェリルまま 】
こんばんは
病院選びは難しいものですね。
シェリルちゃん亡き後3年も予防接種案内が来ていたことは驚きです。
医者は命を救うことが第一ではあるけど、患者さん、ご家族の心のケアも大事ですよね。

私はまだ経験がありませんが、ママさんの後悔のお気持ちはお察しします。
でも現病院の先生がおっしゃられているように、シェリルちゃんは幸せな一生を送られたと思います。

上手く言えないけど、いっぱいいっぱい愛されたのだから。

ぽち。
ツボミ URL 2011/04/09(Sat)21:32:58 編集
ツボミさま
本当に・・・難しいですね。
一時期は・・・どこまで、信じていいのかわからなくなった事もありました。
前の病院は、シェリルの小さなときからお世話になっていました。
でも・・・ピッタリと通院をやめたのにも関わらず、何の連絡もなく、
3年もの間、予防接種の案内だけが届いてたんです・・・。
本当にその通りです。
「救う」事が一番大切な事はわかりますが、なによりもこの子自身を診てほしかった。
今の病院で、
余命数日を宣告され最後の通院の日、先生みんなで見送ってくれ、
その後も、何度も連絡をくれ、悩みはすぐに聞ける。
そんな状態をつくってくれてました。
そのやさしさに、どれだけ救われたことでしょう。

ありがとうございます。
いっぱいいっぱい好きだった。。。
今でも!これからも!

ぽちっ★ありがとうございます!
【2011/04/10 12:18 /シェリルまま 】
無題
ほんと病院選びは難しいですね。
シェリルちゃんをみんなで押さえつけって・・・
そんなことしなければ治療ができなかったの!!
こんな事書くことではないけど我慢できなくて・・
ママさん、ごめんね。
それ聞いただけで涙が溢れてきちゃった。
でも今は愛情たっぷりの先生に出会えてよかったですね^^

ワタシも初代犬のころに地元の病院は全部行きました!
それで判断してわけてました。
でも今の病院にお世話になってからは一筋(笑
まだまだ名医には程遠い先生だけど
わんこの目線で治療もしてくれる!
その姿勢にお任せしてます。
でも先生の専門は歯なんだよね(爆
もちろんセカンドオピニオンも取りいれてくれます。

適切な治療はもちろんですが
やはり飼い主やわんことの信頼関係が一番必要だとワタシは思います。

ポチっと!
しー坊 URL 2011/04/09(Sat)23:00:58 編集
しー坊さま
本当に、難しいですよね。
シェリルをみんなで押さえつけた場面を見たときには、
私自身目の前で何が起こってるのか理解さえ出来ず凍りつきました・・・。
いえいえ、私もしー坊さんと同じ事を思いました!
毎日のように通院していましたが、
翌日からは、もう通院せず、セカンドオピニオン探しが続きました。

田舎地方の為、セカンドオピニオンの知識についての人が少ないため、
セカンドオピニオンを紹介するここの病院に、
治せないから藪医者との噂もあります。
「治せないなら治せない!」と言って、
専門医を紹介してくれる病院のありがたさがわかっていないのでしょうね。

本当にその通りです!
適切な治療はもちろん飼い主やわんことの信頼関係が一番必要だと
私も思っています。

ぽちっ★ありがとうございます!
【2011/04/10 12:29 /シェリルまま 】
無題
病院選びは本当に難しいですね。
大事な我が子を診てもらうんですから
信頼関係は大事ですよね。
我が家は関東から引越して一番気がかりだったのが
ごん太の病院でした。
今、こちらでもお世話になってる病院はありますが
心配な事や、大きな検査はやっぱり横浜の病院まで
行ってしまいます。
腕がいいのはモチロンですが、
この子達に愛情を持って接してくれてますからね。

先生からのお手紙。。。
随分心が救われたことでしょう。
手紙に書かれているように
シェリルちゃんは幸せな犬生だったと思います。
今の5ワン娘ちゃんを見ていたらわかりますよ~!

ぽち☆
ごん太 URL 2011/04/09(Sat)23:07:59 編集
ごん太さま
本当に難しいですね。
大切な我が子を診てもらうんですから
当たり前の事かもしれませんが。。。

ごん太君も、ごん太君自身を診てくれる病院と出会えて
本当に心強いですよね。
腕がいいのは、もちろんの事
ごん太君に愛情を持って接してくれるって、本当にありがたいですよね。

先生からの手紙が届いたときには、声をあげて泣いてしまいました。
今まで、我慢していたことが、一気に噴出したような気持ちでした。
余命数日・・・大切な時間をすごしてる間も
気にかけてくれ、何度も連絡をくれました。

ありがとうございます!
「シェリル、本当に幸せだった?」
何度も聞いても、写真のシェリルは笑うばかりで答えてはくれませんが
でも、いつの日か、
その言葉の答えを聞きにいけたらな・・・て(*^-^*)

ぽちっ★ありがとうございます!
【2011/04/10 12:38 /シェリルまま 】
無題
病院問題・・・
セカンドオピニオン、サードオピニオン、
とても難しい問題ですよね。

賢いのに、おしゃべりができない可愛い娘たち。
その子たちのために、いっぱい色んなこと気付いてあげられたいですよね。

こもくの足も、セカンドオピニオンです。
前通っていた病院が不安というわけではないのですが、
とにかく多くの先生に診てもらおうと、転々としました。
今も、原因が明確にわかっていないのは、不安でしょうがありません。
ママさんの不安なお気持ちも、本当によくわかります。

いろいろ難しいことだらけの病院選び。

とにかく、みんな元気で元気で元気で・・
いてくれるように。
それしか願いませんよね。

ぽち。
巳雪 URL 2011/04/09(Sat)23:31:57 編集
巳雪さま
本当に難しい問題ですよね・・・。
話せないからこそ、この子達の気持ちになって考えなくては!
と、いつも思っています。
こもちゃんのあんよも、先日見たときのは
前に見たときよりも、
しっかりしていたようにも感じましたが、
原因がわかっていないぶん不安でしょうね。
原因さえわかれば、対処の方法も出てくるのに・・・。

ほんとうに!
みんなが、元気で笑顔でいてくれれば!
ただただ、そればかりを願っています。

ぽちっ★ありがとうございます!
【2011/04/10 12:47 /シェリルまま 】
無題
ままの気持ちよ~くわかる!
病院選びって動物の世界でも人間の世界でも難しいけど
特に動物は喋れない分どれだけ個人(個犬)の事を
理解し診てくれてるか凄く重要ですよね!

我が家のりーたんも丁度1年前のゴールデンウイークに
2種類の注射を同時に打たれて具合が悪くなり
私たち家族はその注射を打つ事に疑問を感じていたので
打つ前に30分ぐらい先生とやり取りを交わしたのですが
絶対に安全だからと言うことで接種してしまいました。
そんな後に具合が悪くなったので近所の方に紹介して貰った病院へ行った所
やはり2種類の注射を同時に打った事が原因だったようで
1日~2日か遅かったらお星様になっていたそうです!
しかも、1種類のほうの注射は今打つ病院なんてないよ…と新しい病院の先生に言われ血の気が引いた経験をしました(>_<)

シェリルちゃんの事ホントに人事とは思えません。

病院の先生からのお手紙救われましたね。
しかも、今回の応対も若手の医師を育てながらも患者も診る!
こんな病院なら私たち家族も安心できますよね(*^o^*)

ポチ
りーたんママ 2011/04/10(Sun)08:48:57 編集
りーたんママさま
本当に、人の世界でもワンコの世界でも
病院選びは、難しいですよね・・・。
ただ、出来ることなら
腕がいいのかもちろんの事なのですが、
病気だけでなく、その子自身も診ていただきたいですよね。

りーたんの話し、最初聞いたとき
本当に腹がたちましたよ!
しなくてもいい辛さを、りーたんが味わったわけですから!
ママさん達の不安をよそに、安易に判断した先生に激怒ですよ!
1~2日遅れたら、お星様になったたなんて・・・
ママさん達、本当に怖かったことでしょう・・・。

すぐにセカンドオピニオンで見てもらったママさん達の判断で
今でも可愛いりーたんが存在してるわけですから。
本当に良かったです(*^-^*)

もし、私ももう少し判断を早めていれば・・・
と、後悔ばかりです。。。

余命数日と宣告され、自宅で看取り介護に入ったときも
適切に指示をくれたました。
最後の最期まで、気にかけてくれる病院に出会えて
本当に良かったと思っています。

ぽちっ★ありがとうございます!
【2011/04/10 12:57 /シェリルまま 】
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]