忍者ブログ
気づけば、多犬種多頭家族♪ママとの の~んびり気ままな生活を更新中♪
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
3 5 6 7 8 9
10 11 13 14 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
犬ブログ
コメントについて
コメントをいただいた皆様、
しばらくの間、コメントの返信ができません。
ほんとに、本当にごめんなさい。
皆様のコメントに、たくさんの温かい気持ちをいっぱいいただき、励まされる毎日です。
コメントの返信は、ブログの訪問にて皆様の笑顔の力をいただきにお邪魔させていただけたらと思っています。
ブログを開設されていない方には、その都度お返事させていただきたいと思っております。
プロフィール
HN:
シェリルまま

Sheril♡シェリル(女の子)
Golden Retriever
1995/1/25~2007/4/10
Runa♡ルナ(女の子)
Golden Retriever
2000/12/07~2013/11/2
Syaron♡シャロン(女の子)
Golden Retriever
2002/08/10~2017/5/28
Merissa♡メリッサ(女の子)
Labrador Retriever
2005/09/28
Shera♡シェラ(女の子)
Golden Retriever
2007/03/29
Hibari♡雲雀(男の子)
Dwarf Rabbit
2007/9/14~2014/9/28
Shiel♡シエル(女の子)
miniature-dachshund
2009/05/12~2013/10/7
Will♡ウィル(女の子)
mix
推定2011/06/25
Luke♡ルーク(男の子)
English Setter
2013/12/10
Louis♡ルイ(男の子)
miniature-dachshund
2014/8/14
ブログ内検索
最新コメント
[09/18 ラピスまま]
[09/18 ラブ母]
[09/18 りんご ]
[09/18 ケイティまま]
[09/15 えりまま]
WAN友さん
白黒ニャンコ!
トビーのおうち
犬と共に生きる~ガンと向き合うということ~
おばかなりーたん+怪獣。
むーちゃんの思い出いっぱい
明日は晴天なり
ハナとマルとハルのはなまる日記
Monstar Peace
腸閉塞の食事って大変。
ゴールデン・ホワイト劇場
こもくちゃんは女の子♪
ゆきジャズハーティーワンダーランド
ごん太の元気印☆
ケーン!おまえはもうデブ犬?
一緒に遊ぼ♪
シルクのほのぼのライフ
Runの足跡
Runの足跡 vol.2
くまの足跡。
ボクは宝もの
Event of every
Event of every 2
Come・かむ・ケイティ♪
わん・わん・わんこ+わん!
大河と共にのんびりと
ゴン太通信
Ruby&Mary まったり雑記帳
我が家のエリー
ただいま・・・見習い中!?
僕、セナです。
Let's ゴールデン
[白熊本舗]の看板犬ブンタ
2WAN☆DACHSHUND☆
ひだまりの犬
毎日が楽しいねっ☆
わんこでゴー! 「ケリーのお部屋」
れお君と庭の花~fromたけちゃんマン
THE 桃 ~愉快な仲間達~
いーたん、大好きだよ!
ラピスと・・・
犬と猫と里山生活
Shelly & Raices
バニラの4コマ劇場
ゴールデンレトリバー・ムスカは最高のパートナー
チビパグうめの梅日和
"モモゴン"と一緒♪
☆ ララの日々 ☆
はっちの奮闘記
メロメロ☆まろんU^エ^U
マルちゃまん
バニラさんのこと♪
ロロっすロイス☆
りんごと犬のブログ
保護犬シスターズ☆
里親募集中
2013/04/10 (Wed)
シェリルが虹の橋を渡り、6年という月日が流れました・・・。


この手には、シェリルの感触も、愛しさも色褪せることなく残ってるのに・・・


6年という月日が、長いのか・・・短いのかさえ、わかりません。


それでも、ようやく・・・



私自身、シェリルのあの日のことを心穏やかに思い出せるようになってきました。


e0704259.jpeg


この中には、私とシェリルの12年間がいっぱい詰まってます。


71c26c34.jpeg


日記というほどのものでは、ありませんが


気づいたこと・体調の変化・病気などを、私なりに書き記したものです。



最近、ようやく見返すことができるようになってきました・・・。


c652e263.jpeg


その時の愛おしさが蘇って、涙することもありますが


私にとって、シェリルと共に生きた大切な証なのです。


9f5e4818.jpeg


シェリルは、親兄弟からも見放されほど体が小さく、そのうえ神経質、

免疫力は無しに等しいと言われ、

このままでは、処分・・・との言葉を言われた子です。



私自身・・・悩みました。



そんな病弱な子を責任持って、育てられるのか・・・?



そんな私に
幼かった次女が、「この子がいい!この子じゃぁないとイヤ!」と。



娘のその一言で、この子の親になる決心がつきました!




なにがあっても、シェリルを守る!




そう誓ったばかりだったのに・・・その日のうちに容体が悪化。。。



最初に行ったT動物病院では、栄養失調との診断

翌日、体調の戻らないシェリルをつれ、受診・・・病名は同じ

納得いかない私は、再度受診

詳しく検査してほしい!と、お願いしました。



その時、初めて「ジステンパー」の診断が・・・。



治療方法があるなら、すぐにしてほしい!と頼む私に


治療費が高額だから、家族と話し合って決めて来てください。と・・・


そして、そのあとに医師から出た言葉は・・・



「処分」・・・



私は・・・その言葉に放心状態になりながらもシェリルを抱き車に乗り込みました。


車の中で、我に返り・・・悔しくて、悔しくて大泣きをしました。



「まだ、生きてるのに!こんなに温かいのに!」



そんな私の手をペロペロ舐めながら、心配そうな顔して見つめるシェリルがそこにいました。



「守りたい!」



そんな想いで、車を走らせました。


家に着き、パパと娘たちに話さなくては・・・と。


でも、パパの顔を見るなり・・・またもや大泣きしてしまいました。。。



落ち着いて話せるようになったのは、それからしばらくしてでの事でした。



そんな私に、パパは「できることは全部してやろう!」と

セカンドオピニオンを進めてくれました。



その日のうちに、評判のいいS病院へ



T病院のことはあえて言わず、症状だけを言うと



「ジステンパーだね。」と、即病名



「治りますか・・・?」と、涙ながらに聞く私に・・・先生は



「時間かかりますけど、治りますよ!」と、笑顔で答えてくれたのです。



「処分」を2度も言われたシェリルは、1ケ月もたたないうちに完治する事ができました。



でも・・・

病弱で、ほぼ毎日病院通いで


食べれるものがあるのかしら?と思うほどの食物アレルギー


かからなかった病気はないんじゃぁないかと思うくらい病気病気病気の連続でした。



それでも、

シェリルとの12年間の生活は、私が想像していた以上に素敵なものでした!





10歳の秋・・・




背中と右手にしこりのようなものを見つけました。



S病院で、背中は脂肪腫

右手は、毒性のある草や虫などによるものだと診断されました。



治療を進めながらも、私の目には悪化しているようにしか思えなく

あまりいい顔はされませんでしたが、どうしても心に引っかかるものがあり

何度も腫瘍検査をお願いしました。


検査の結果、「腫瘍」の細胞は見られず・・・その時は、安心しました。。。


でも・・・

やっぱり、納得できず。。。



7回目の腫瘍検査をお願いした時です・・・先生の口から出た言葉は・・・


「足を切り落としたほうが早かった・・・」と・・・。



そのあと、何かおっしゃられたようですが

その言葉だけが、私の心の中に残り・・・この病院に見切りをつけるには十分の理由でした!



それから、新たな病院探しがはじまり、

いいと言われる病院に、何件も連絡しました。。。


「高齢になると、完治するのが難しい子もいますから、もう一度かかりつけのお医者様と
ご相談されたほうがよろしいと思います。」


s病院の名前を出した途端・・・どこも言われることは、ほとんど同じです・・・。



確かに、S病院はとても優秀な病院で有名だと思います。
シェリルの数々の病気も、根気よく治療してくださいました。

でも・・・
どんな優秀な病院でも、得手・不得手があるのだと私は思っています。


・・・なにより

私は・・・病気だけではなく、シェリルの気持ちも診てほしかった・・・。




そんな中、同じ言葉のあとに



「完治は難しいかもしれませんが、連れて来てくだされば診ますよ。」



と、言っていただけた病院がありました。



まだ、開院1~2年足らず・・・病院の評判さえもわからない状況でしたが


藁をもすがる思いで、翌日訪ねました。




その結果・・・




背中のしこりは、良性腫瘍



右手の腫れは・・・悪性腫瘍でした




場合によっては、どこまで切断するのかわからなく・・・

指1本なのか・・・腕半分なのか・・・腕全体なのか・・・



切断するのか?このまま消毒で過ごすのか・・・



涙だけが、とめどもなく出てきて・・・



先生に「このまま痛みは続きますか?」と、聞くと



「切断すれば痛みはなくなります。」



その言葉で、私は切断することを決めました!





手術は、無事成功!



指1本だけの切断ですみ、腫瘍も取り切れたとのことでした。

でも・・・転移していることも考えられるので今後も注意してくださいとのことでした。



手術から、1カ月後


シェリルは、走り回れるほどの元気を取り戻しました。





あの日・・・10月4日、肝臓癌と診断されるまで。。。




「余命半年・・・ですが、肺に転移すれば・・・それまでは、もたないでしょう・・・。」



その日・・・これ以上涙が出ないんじゃあないかというくらいお風呂場で泣きました。



お風呂場から出てきて、泣きはらした私の目に入ったのは・・・




大食いしているシェリルの姿



シェリルは生きる事を、諦めていないのに・・・

なんで、私が先に諦めちゃってるんだろう。。。




その日から、私は泣く事をやめました。




シェリルと過ごす時間を大切にしたい!笑っていたい!




でも、そんな気持ちとはうらはらに

どんどん病気がシェリルを襲う。





突然、立てなくなった・・・。





症状は、かなり悪く

もう歩くことさえ、立ち上がることさえ難しいと言われた。。。



でも、シェリルは立ち上がることも歩くことも、諦めようとはしなかった!



ある日・・・突然、何事もなかったかのように起き上がり、私たちを驚かせました。



立ち上がっただけではなく、それから…普通に歩けるまでの回復ぶりを見せてくれたのです。



そして・・・



2月21日 20時・・・再び、シェリルは起き上がることができなくなった。



2月22日  8時・・・息遣いが荒くなり、そのまま検査入院。。。



一足先に、先生から説明を受けたパパが…家族を呼び


パパから出た言葉は・・・



「余命数日・・・」



肺に転移していたのです・・・。



「今まで笑顔をくれたシェリルだから、笑顔で送り出してやろう。」



そんな・・・パパに、私は



「嫌だ!なんでもするからシェリルを助けてあげて!助けてよ!」と、泣くことしか出来なかった。



どうしようもない事は、わかってたのに・・・。



迎えに行ったシェリルは、嬉しそうに尻尾をぶんぶんさせてました。

苦しくて仕方ないはずなのに・・・泣き言一つもなく・・・。



シェリルと一緒に帰る車を先生たちが見送ってくれました・・・。



これが、最後の通院になるのだと・・・誰もが、わかっていました。。。





残された日々、1日1日を大切に穏やかに過ごしました。



マッサージをしたり、日向ぼっこをしたり、いっぱいいっぱいお話をしたり、、、



ママは、こんなにもシェリルが大好きなんだよ!って・・・。





私の願いは、ひとつ!



どうか、どうか、この子の最期が辛いものではありませんように!





余命数日といわれたシェリルは、寝たきりになっても生きようとしていました。



寝たきりの姿で、排尿・排便をする時

必ず、私を呼ぶのです。



その声は、もうほとんど出なくなり「ヒンヒン」と小声でしかありませんが

とっても温かくて力強く、私の耳に届きました。



食欲だって、驚くほどあり

途中心配して電話をくれた先生も驚くほどでした。



4月8日、その食欲が・・・姿を消す日がきたのです。。。



4月9日、息遣いが荒い・・・。

どれだけの痛みに耐えているのだろう・・・苦しさをすこしでも取り除いてあげることができたら・・・。



4月10日、5時・・・明け方、シェリルの呼ぶ声が聞こえて目を覚ましました。

「トイレかな」と支度をして待つが・・・何もしない。



ただ、私を見つめるだけ・・・。



別れを告げてるような、、、そんな嫌な胸騒ぎがした・・・。



でも、それを打ち消すようにシェリルと何気ない話をしながら朝を迎えました。



朝、目覚めてきた娘たちに

シェリルに、いっぱい好きだと言ってあげて!きっとお別れが近いから・・・と、伝えた。



シェリルが大好きだよ!



ママの為に、いっぱい頑張ってくれてありがとう!



ずっと家族だから!絶対忘れないで!ママも忘れないから!





4月10日、11時57分  シェリルは、静かに息を引き取った・・・。





辛くて、悲しくて・・・感情さえも自分でコントロールできない日々が続きました。



それでも、

倒れなかったのは、パパや娘たちが支えてくれたおかげ



それでも、

前に進めたのは、WAN娘たちがいてくれたおかげ





そして、

母を成長させてくれて、諦めないことを教えてくれたのは・・・



シェリル、あなただよ。









6年経った今でも、ふとシェリルが起こしてくれた時間に目が覚める。。



その度、愛おしさが蘇ってくる。









きっと、また会える!って、信じてる!















拍手

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
pass:
emoji: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
comment:
無題
こんばんは。

シェリルちゃんとの12年間、辛いことの多かった12年間の思いをつづったシェリルちゃん記録なんですね。シェリル家におけるシェリルちゃんのことが良くわかりました。

体の小さい免疫力もない子だからこそ、引き取ったのですね。
そして家族も皆さんがみんなで何とかシェリルちゃんを救おうと、力を合わせた12年間だったのですね。
私も、今日のシェリルママさんのブログを読ませていただきワンコに対する反省の心と、育てる姿勢を少し考え直して行きたいと思います。

里山コウ URL 2013/04/10(Wed)17:37:26 編集
無題
シェリルママさん 何て呼びながら
シェリルちゃんの事を 全然知りませんでした・・・。
18年前に始まった ママさんとシェリルちゃんの日々は
大変ではあったけど とても愛に包まれていたのですね。
シェリルちゃんは 生まれたときは
可哀想な子だった
のかもしれないけれど 
家族のお蔭で とっても幸せな犬生を送れたのではないかと思います。
ワンコの幸せは 飼い主次第。
責任と強い心を持って 大事にしなきゃなと思いました。
vanillamama URL 2013/04/10(Wed)22:18:56 編集
vanillamamaさま
温かいお言葉ありがとうございます!
シェリルと出会えることができた私は、本当に幸せものです!
これからも、シェリルに恥ずかしくな母でありたいと思っています。
日々、努力かな(*^-^*)

地震、被害がなくて本当に安心しました!
ゴルパラのお花見も、無事行われて本当に良かったですね♪
わたしも、いつか参加したい!とは、思ってるんですけどね(^^;
【2013/04/15 15:44 /シェリルまま 】
無題
シェリルちゃんとの12年間の思いがひしひし伝わってきました・・
小さな身体で頑張ってこれたのもシェリルママさんやご家族の愛情を一心に受け頑張ったんだね♪
読んで涙が流れてきました・・
シェリルちゃんがいてこそ今のママさんがいるんですね。
思わず私もお星になったコドモタチのことが浮かびました・・
コドモタチとの日々は大切に心にしまってあります。
感謝しきれないくらいです。
たとえわんこでも私達にとったら大切な大切な家族ですね^^
しー坊 URL 2013/04/10(Wed)22:25:55 編集
無題
先日、質問させてもらったシーズーのママです。
丁寧なアドバイスと優しいお言葉ありがとうございました。
お礼が遅れてしまってすいませんでした。
ここ何日か調子が悪く何回も病院に連れて行ってたので心配で何もする気になれませんでした。
うちの子は癌以外にも重い疾患が何個もあるので治療も難しく
今日も体調がよくありません。
でも、
ルナママさんを見習って頑張るしかないと自分に言い聞かせております。
またアドバイスお願いするかもしれませんがその時はよろしくお願いいたします。
シーズーのママ 2013/04/11(Thu)00:12:22 編集
シーズーのママさま
いえいえ、
心配で、何も手につかないお気持ち・・・お察しいたします。。。
体調の悪い我が子を前に、何もしてあげれないもどかしさ・・・本当に、辛いことだと存じます。
かかりつけのお医者さまが以前言っておりました。
「飼い主さんが笑っていれば、ワンコは嬉しいんですよ。だから、悲しまないであげてくださいね。」と
簡単なようで、難しいことではありますが・・・。
どうか、どうか、ご自愛されながらも、シーズーちゃんと頑張ってくださいね。
微力ながら、私でお力になれるのであれば、いつでもおしゃって下さい!
【2013/04/15 15:52 /シェリルまま 】
無題
6年前って…2007年ですか?
私もその年の4月8日、先代のコをお空に見送りました。
いろいろ重なることがあって、読ませていただきながら号泣してしまいました。

亡くした悲しみが完全に癒えることはありませんが、でも今、目の前にいるわん娘たちと幸せを感じていられるのは、お空に行ったコたちのおかげだって心から思います。

見守ってくれているコたちのためにも、しっかり生きて行きたいですね。
マーレ&アーリア母 2013/04/11(Thu)00:44:03 編集
マーレ&アーリア母さま
はい!そうです。。。
その2日前に・・・お空にお見送りされたんですね。。。
ほんとうに・・・辛いですよね・・・。

わたしも、同じ事を思っています!
今ある幸せは、お空に行ったコたちのおかげだと・・・。
本当に!!見守ってくれてるコたちに恥ずかしくないように、しかり生きていきたいですね!
【2013/04/15 15:58 /シェリルまま 】
無題
おはようございます。(^-^)ノ
シェリルちゃんとの、12年間の日々が、愛しく、幸せであったことが、
伝わってきます。
そして、次に先に成長させてくれたのも、シェリルちゃん。
私は、ここにいるよ。と、最後までひたむきな前向きな姿も。
ママさんの中に、しっかり刻まれているんだと思います。
これからも、シェリルちゃんとともに、前を向いていたいですよね(^-^)ノ
大切なお気持ちを次につなげていかないとですよね。
 今日も元気で笑顔で楽しくねっ(^▽^)ノ シェリルちゃん~いっぱい遊んでいてね~♪
ありがとう~♪
しばシマイ URL 2013/04/11(Thu)04:28:57 編集
無題
こんにちは。

ママさんがシェリルちゃんの事を想っている事はお会いさせていただいた時に良く解りました。
が、シェリルちゃんがこんなに頑張った子だったとは…

シェリルちゃん幸せでしたよ!!
それは今居るWAN娘ちゃん達をみれば解ります!!




メロメロ☆まろん 2013/04/11(Thu)15:00:14 編集
メロメロ☆まろんさま
6年たった今でも、愛情にはまったく変わりなく
むしろ・・・愛情は増しています。
いつになったら、帰ってきてくれるんだろう・・・?と、心待ちにしてる毎日です。

ありがとうございます!
【2013/04/15 16:01 /シェリルまま 】
無題
実は昨日お邪魔したんだけど
シェリルちゃんのこと読んで号泣しちゃって
言葉を残すことができなかった。
以前お会いしたときウチの父ちゃんがパパかさんからお話し聞いてました。
その時のままさんの様子なども含め
ままさんのシェリルちゃんへの思いが深く伝わって来ます。
シェリルちゃんも一生懸命がんばったんだもん
今は痛みもなくいつもシェリル家のみんなを笑顔で見守ってくれてるよ。
りーたんママ 2013/04/11(Thu)17:16:00 編集
無題
うう、、
シェリルちゃんとはこんな歴史があったのですね(; _ ;)
sumire024 2013/04/11(Thu)23:21:07 編集
無題
こんにちは。

シェリルちゃん 色々なことがあったのですね。。。。

シェリルちゃん シェリル家に沢山愛され幸せな犬生 だったでしょうね。
みゆき 2013/04/12(Fri)09:10:24 編集
無題
拝読しながら、フランの最期と重なり、涙があふれました。
シェリルちゃんの生い立ちにはいろいろな事があったのですね…。それを温かい家族と乗り越えていったシェリルままさん。感動です。
私は最期まで泣きっぱなしで、自分の感情に負けてしまいとても後悔しています。シェリルままさんは、シェリルちゃんの気持ちを第一に考えて、笑顔で神様の元に送ってあげられた事。素晴らしいと思います。お空からシェリルちゃんが見守ってくれてますね!
FRANC 2013/04/12(Fri)11:22:56 編集
FRANCさま
愛しい我がコを送り出すのは、本当に辛いですよね・・・。
6年たって、ようやく泣かずにシェリルの名を出すことが増えきました。
シェリルを失うことは、一緒に過ごした幸せだった日をも隠してしまうくらい辛くて悲しくて。。。
わたしも、何度も感情に負けてしまいそうになりました。

シェリルが・・・フランちゃんが、教えてくれたたくさんのことを宝物に
これからも、笑っていたいですね。
【2013/04/15 16:08 /シェリルまま 】
無題
シェリルちゃんとの12年を読んでて涙が出ました。
こんなに家族に愛されてシェリルちゃん幸せだったでしょうね。
ママさんの愛情の深さや頑張り屋さんなところは
シェリルちゃんのおかげだったんですね。

シェリルちゃん、今でもきっとシェリル家のみんなを見守ってくれてると思います。
ごん太 2013/04/12(Fri)15:53:48 編集
無題
何度も読んで涙して・・・やっとコメント書きにきました。シェリルちゃんの12年間も一生忘れることの出来ない思いですね。辛くて大変だった事が多くてもシェリルちゃんは愛情に包まれて幸せでしたね。愛犬との出会いがあれば別れもあって考えるだけで怖くなっちゃいそうだけど、今を生きて楽しまないとって強く感じました。
ひろ URL 2013/04/14(Sun)19:32:00 編集
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]