忍者ブログ
気づけば、多犬種多頭家族♪ママとの の~んびり気ままな生活を更新中♪
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
3 5 6 7 8 9
10 11 13 14 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
犬ブログ
コメントについて
コメントをいただいた皆様、
しばらくの間、コメントの返信ができません。
ほんとに、本当にごめんなさい。
皆様のコメントに、たくさんの温かい気持ちをいっぱいいただき、励まされる毎日です。
コメントの返信は、ブログの訪問にて皆様の笑顔の力をいただきにお邪魔させていただけたらと思っています。
ブログを開設されていない方には、その都度お返事させていただきたいと思っております。
プロフィール
HN:
シェリルまま

Sheril♡シェリル(女の子)
Golden Retriever
1995/1/25~2007/4/10
Runa♡ルナ(女の子)
Golden Retriever
2000/12/07~2013/11/2
Syaron♡シャロン(女の子)
Golden Retriever
2002/08/10~2017/5/28
Merissa♡メリッサ(女の子)
Labrador Retriever
2005/09/28
Shera♡シェラ(女の子)
Golden Retriever
2007/03/29
Hibari♡雲雀(男の子)
Dwarf Rabbit
2007/9/14~2014/9/28
Shiel♡シエル(女の子)
miniature-dachshund
2009/05/12~2013/10/7
Will♡ウィル(女の子)
mix
推定2011/06/25
Luke♡ルーク(男の子)
English Setter
2013/12/10
Louis♡ルイ(男の子)
miniature-dachshund
2014/8/14
ブログ内検索
最新コメント
[09/18 ラピスまま]
[09/18 ラブ母]
[09/18 りんご ]
[09/18 ケイティまま]
[09/15 えりまま]
WAN友さん
白黒ニャンコ!
トビーのおうち
犬と共に生きる~ガンと向き合うということ~
おばかなりーたん+怪獣。
むーちゃんの思い出いっぱい
明日は晴天なり
ハナとマルとハルのはなまる日記
Monstar Peace
腸閉塞の食事って大変。
ゴールデン・ホワイト劇場
こもくちゃんは女の子♪
ゆきジャズハーティーワンダーランド
ごん太の元気印☆
ケーン!おまえはもうデブ犬?
一緒に遊ぼ♪
シルクのほのぼのライフ
Runの足跡
Runの足跡 vol.2
くまの足跡。
ボクは宝もの
Event of every
Event of every 2
Come・かむ・ケイティ♪
わん・わん・わんこ+わん!
大河と共にのんびりと
ゴン太通信
Ruby&Mary まったり雑記帳
我が家のエリー
ただいま・・・見習い中!?
僕、セナです。
Let's ゴールデン
[白熊本舗]の看板犬ブンタ
2WAN☆DACHSHUND☆
ひだまりの犬
毎日が楽しいねっ☆
わんこでゴー! 「ケリーのお部屋」
れお君と庭の花~fromたけちゃんマン
THE 桃 ~愉快な仲間達~
いーたん、大好きだよ!
ラピスと・・・
犬と猫と里山生活
Shelly & Raices
バニラの4コマ劇場
ゴールデンレトリバー・ムスカは最高のパートナー
チビパグうめの梅日和
"モモゴン"と一緒♪
☆ ララの日々 ☆
はっちの奮闘記
メロメロ☆まろんU^エ^U
マルちゃまん
バニラさんのこと♪
ロロっすロイス☆
りんごと犬のブログ
保護犬シスターズ☆
里親募集中
2017/09/04 (Mon)
退院した日、



院内では、あまり眠れていなかったようで

イビキのかかないシャロンが、

気持ちよさそうにイビキを奏でながら眠ってました。











シャロンが、家に帰ってきて

我が家に、いつもの賑わいが戻ってきました!





・・・でも、私の中の不安は、消えようとはしませんでした。





前庭疾患・・・命を脅かす病気ではないのだろうけれど、、、。





私の知る限りでは、前庭疾患=他の病気の判明や病気の進行・・・の

イメージが拭いきれなくて・・・





退院したその日から、

ひと時も離れず、付きっきりの介護が始まりました。











朝の苦手な次女も

いつもより早く起きてきて、シャロンの朝食を手伝ってくれていました。











あとから、聞いたことなのですが

そんな私の姿を見て、次女も何かあるのでは?と感じてたそうです。











命の危険性のない病気なのに・・・



シャロンから離れてはいけないという不安。。。





そんな不安を抱いたのは







・・・きっと、





5月に入り、

シャロンが、私の姿を目で追うようになったからかもしれません。



私の姿を追う瞳・・・

その優しく穏やかな見つめ方は、、、

何度も経験がありました・・・。











長女の結婚式を終え、

転勤先に始発で帰っていくパパを見送りに起きてきたシャロン

・・・今まで、起きてきたことはないのに。。。



パパの姿を ただ、、、見つめていました。



パパも私も・・・嫌な予感はよぎったものの

お互い口にすることはなく、



「行ってくるよ!」と、シャロンの頭を撫で向かっていきました。











・・・まさか、本当に



これが、家で元気なシャロンの姿を見る最後とは思わず・・・。










★コメ欄閉じてます。



拍手

PR
2017/09/02 (Sat)
5月20日

病院が開いたと同時に、面会に行き
シャロンの様子を見てきました。





立ち上がることはできず、体も傾いたままでしたが

眼振の揺れは、かなり治まってきていました。





検査の結果、他に異状も見られず

毎日、通院するという事で
午後には、退院させていただきました。

そのほうが、
シャロンのストレスにならないだろうと、先生と相談してでの事でした。





退院時は、みんなで時間を合わせてお迎えに行き

車の中では、
次女が大泣きしながら、抱きつくものだから・・・





「シャロンが写らないよ~!」と、笑い声もとび、





家に帰れば、WAN子たちの凄まじい大歓迎ぶり(笑)



一番怖いのは、転けて頭を強打すること!

なので、落ち着くまで・・・柵越しのご挨拶!





1年ぶりの再会のような大歓迎ぶりに、思わず笑ってしまった。

って、私たちも似たようなものでしたけどねemoji



この時は、帰ってきてくれた事が本当に嬉しくて、嬉しくて

ただ、、、それだけでした。








拍手

2017/09/01 (Fri)
5月19日 

午後3時30分頃


立ち上がった瞬間、突然倒れ、

・・・全く立ち上がれなくなりました。



それまで・・・

何一つ変わった様子もなく、いつもと同じ1日を迎えてました。



なのに、、、





失禁に眼振・・・歩行困難

すぐに「前庭疾患」ではないだろうか、、、と、脳裏に浮かびました。



病院に着くと、すぐに点滴治療が始まり

状態の悪さから、

そのまま入院することなりました。





眼振も酷く、
立ち上がることさえ出来ないほど、頭のふらつきも大きな状態で


本当に辛そうで・・・


しんどうそうで・・・





それでも、
私たちがそばにいると、

何度も何度も、立ち上がろうとして・・・


涙がこぼれ落ちそうになるのをこらえ、、、
明日来るからね!と、笑顔で声を掛けてあげることしかできなかった・・・。





シャロンを苦しめてるのは、やはり「前庭疾患」でした。


その原因は、いろいろと考えられますが

シャロンの場合、高齢によるもののようです・・・。


どうか、どうか、

シャロンが辛くありませんように・・・!

良くなりますように・・・!


そう願いながら、病院を後にしました。。。








★コメ欄、閉じてます。

拍手

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
<< 前のページ 次のページ >>
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]